明けまして、コミュニティテック元年。FAAVO、KOU、fanicon、tomoshibi、暮らしを変えるテクノロジーの話

「2019年は、コミュニティテック元年になる。」

…ちょっと凄そうで、きっと何かの節目ではあるんだけども、
それって、わたしに関係あることかな…?

コミュニティテックで、わたしたちの生活はどう変わるのか。

もしかしたら、

困っているとき、背中を押してくれる人に出会えるかもしれない。「ありがとう」の文字が、言葉以上の価値を持つかも。

憧れのあの人ともっと近づけるかもしれないし、好きな人と、好きな仕事ばかりして暮らせるようになる、かもしれない。

応援や「好き」な気持ちが形になる、
テクノロジーを介して、時間や距離を超えて繋がる。

実現するのは、そんなやさしい暮らし。
これからの未来を作るツールやサービスのこと、少しだけ知ってみませんか。

2018年12月、co-ba jinnanにて行われた「コミュニティテックカンファレンス」の記録をお届けします。

そもそも、コミュニティって何だっけ。

例えば、暮らしを変えるこんなサービス

今回、コミュニティテックカンファレンスに参加したのは次の4つのサービス。

コミュニティ × 地域  FAAVO
コミュニティ × 通貨  KOU
コミュニティ × テック fanicon
プロジェクト × テック tomoshibi

それぞれのサービス内容や、目指す未来について伺いました。

コミュニティテック=若者だけのツールではない

とはいえ、webを使ったサービス。高齢の方や、ネット親和性の低い層には馴染まないのでは…?

地域 × クラウドファンディングのFAAVOさんの答えは「馴染みます」。その秘訣は、サービスの広まり方にありました。

顔の見える人と繋がるためのツールは、暮らしに馴染むものになる。

「テクノロジー」と聞くと身構えてしまうけど、単純に、応援や「好き」を形にするための道具なのだなあと思います。

あなたの力になりそうなサービスがあれば、ぜひ、公式ページより詳しい内容をご覧ください。

コミュニティ × 地域  FAAVO
コミュニティ × 通貨  KOU
コミュニティ × テック fanicon
プロジェクト × テック tomoshibi

ここから先は、コミュニティの運営に興味がある方向けの内容となっています。

次回イベントについての情報は、記事の末尾からどうぞ。

1人のバカをリーダーに変えたのは、最初のフォロワーだったのです

「デレク・シヴァーズ|TED2010社会運動はどうやって起こすか」より
TEDトーク「社会運動はどうやって起こすか」デレク・シヴァーズ
字幕付きでご覧いただけます

2019年、コミュニティテック元年のはじめに

実は、今回のイベントは、年明けに始まるコミュニティテックカンファレンスのプレイベント。

各サービスの描く未来、その最先端を駆けるゲストをお迎えして、さらにコミュニティ × テクノロジーを深掘りしていきます。

なんと。
今回のイベント内容は、YouTubeで全編視聴いただけます。

太っ腹ばんざい

実はこのレポートも、沖縄から視聴して描いたもの。

参加して、その場で書く楽しさにはかないませんが、こうやって遠くからでも同時に情報に触れることができるって、いい時代ですね。

事前にご案内くださったKOUの皆さん、ありがとうございました。


あなたのイベントも、グラフィックで残してみませんか?

グラフィックレポートの制作に関するご相談は、info@sonecco.comにて承っております。

まずはお気軽にご連絡くださいませ。

あわせて読みたい

共有