「書く」ことで、生きていく。わたしの強みのみつけ方–––文章力アップデートサロン

書くことを仕事にするためのノウハウを提供する、ホンシェルジュの「文章力アップデートサロン」。ライターの先輩を招いてのオフラインイベントで、KIDSLINE新R25などで執筆されている、あつたゆか(@yuka_atsuta)さんに、「自分の強みの見つけ方・活かし方」についてのお話を伺いました。

あつたさんがライティングをはじめたきっかけ

きっかけは、当時インターンしていたベビーシッターマッチングサービス、KIDSLINEへの応援の気持ち。「文章が好きだから」や、「ライティングを仕事にしたかった」というわけではなかったのだそう。

自分の強みを見つけるための方法

まずは、自分について深掘りしてみること。得意や好き、苦手などのトピックを書き出して、「ライティングにどう活かせるか」の当てはめを行うことで、強みを整理していきます。

徹底的に書き出していきます

具体的な「お仕事」へのつなげ方

「仕事にしていくために大切なのは、自ら発信する姿勢です」
直接問い合わせ、発信を見てもらう、オンラインサロンの活用、弟子入り…方法はいろいろありますが、自分のできることをPRできるポートフォリオは不可欠なのだそう。

ポートフォリオとして提示できる文章は、媒体で書いた記事だけでなく、ブログ、note、SNSなど…あなたはどんなスキルを持っていますか?

より多くの人に文章を読んでもらうために

あなたの文章は、最後まで読まれる文章ですか?

文章が読まれるかどうかはコンセプト次第。

  • どんな人に読んでもらうか?
  • 読んだあと、どんな気持ちになってほしい?
  • 読んだあと、なんて言ってほしい?

考えぬいたコンセプトをもとに、文章を組み立てていきます。

余分な飾りをそぎ落として、できるだけシンプルにした内容を伝えること。徹底的な読み手目線に立ちましょう。

今日のまとめをひとことで

文章力のアップデートに不可欠なのが、まずは発表すること

「今日の講座に参加した皆さんは、イベントに参加する行動力を発揮できているので、それだけでかなりすごいと思います」

ライティングスキル=行動力。書いて、発表して、反応をもらう、媒体に問い合わせてみる…自ら動いて、「書く仕事」に少しずつ近づいていけますように。

応援の言葉でお開きとなった「文章力アップデートサロン」。次回イベントについては、ホンシェルジュさんのpeatixページにてご案内予定です。

あつたさんの最新情報はこちら(@yuka_atsuta)からご覧いただけます。

あつたさんの過去記事をグラフィックでまとめた #あつたさん祭り 画像一覧へ

あわせて読みたい

共有